蓄膿症

慢性副鼻腔炎って何?

『慢性副鼻腔炎』という言葉は少し聞きなれませんが、『蓄膿症(ちくのうしょう)』といえば聞いたことがある人も多いはずです。

私も名前くらいは知っていましたが、どういったことでその病気になり、どういった症状なのか、最近までまったく知りませんでした。

先月頃から、頭痛肩こりがひどくなり原因をネットで調べていたところ、自分の症状とあてはまる病気の中にこの『慢性副鼻腔炎』がありました。

恐る恐る近くの耳鼻咽喉科に行き診察を受けると、内視鏡検査やレントゲンなどをみた先生からから「ちくのうですね。鼻も曲がっていますし、風邪などひいたときからなっていませんか?アレルギーは何か持ってますか?」などと質問されました。

ここからが私と蓄膿症のお付き合いの始まりでした。

蓄膿症の原因は人それぞれ

もともと私はアレルギー体質だと自覚していたので、以前に血液を採取して調べてことがあります。

その時は「ハウスダスト(ほこり・ダニ)」「スギ花粉」「ヒノキ花粉」「ねこ」があることは分かっていましたので、それを伝えて治療が始まりました。

まだ幸運なことに、私の場合症状が軽い為、手術などの必要はなく、通院と投薬の治療をすることになりました。

ですが先生から「3ヶ月は通ってください」と言われ、治療に時間がかかることにびっくりしました。

さらに驚いたのは、それだけ通っても完治する見込みは半分くらいと言われ、これを知っていたら、蓄膿症にならないように努力してたのになぁ。

薬

ちくのうの治療に処方された薬

蓄膿症の治療にかかった費用

  • 交通費:電車とバスを乗り継ぎ通院
  • 抗菌薬(細菌を抑える抗生剤)、アレルギーを抑える薬、胃腸薬、鼻汁を抑える薬など
  • 治療費:レントゲンなどを撮った初回は高かった




合計 39,080円

  • 交通費
    7680円(バス片道200円 電車片道120円)
  • 薬代
    18800円
  • 治療費
    12600円

意外と薬代が高かった。

アレルギー体質の人は風邪をひいたり体力が低下した時は注意!

漢方やお茶、鍼灸による治療もあるらしい。

鼻に器具を突っ込まれた時は痛かった。
でも痛くないお医者さんもいたので腕次第だと思う。


⇒ 蓄膿症の手術費用のページはこちら



menu   費用  |   料金  |   金額  |   相場  |   節約  |   割引  |   比較  |   収入  |