幼稚園入園準備


 一般的な保育園や幼稚園の費用については、別のページで紹介しているのでそちらをご参照ください。

 ⇒ 幼稚園にかかる費用のページ

 ⇒ 保育園にかかる費用のページ


入園直前にかかった費用

前回(入園準備費用)に『願書代・入園手続料・入園料(入園納付金)制服代・教材』について書きましたが、今回は、それ以外に入園直前にかかった費用について。

だいたいの準備が整いましたが、まだお金がかかります・・・

まず『施設費 20,000円』、そして『シューズ代 1,300円』

施設費は必ず納める必要がありますが、シューズは上履きで、園推薦(指定)のものでなくても良いようです。

と、ここまで、子どもにかかるお金について考えていましたが、実は親も準備をしなくてはいけません。

それは入園式の服やバッグです。

父親はスーツが多いようですので、普段スーツで仕事をしている人は問題ないですが、自営業やフリーランスの人は、スーツを用意するか迷うと思われます。

幼稚園によっては、普段着に近い格好の人が多いところもあると聞きます。

私の場合は、一応スーツは持っているので、それを着ていくつもりにしています。

また、母親も普段からフォーマルの服装をしない人は、春用の服を準備を考えなくてはいけません。

私の妻の場合、普段フォーマルな服装はしないのですが、事前に近くのアウトレットで気に入った服(約20,000円)が見つかったようで、準備は間に合っています。

次に、任意なのですが『こども保険』について考えてみました。

子ども保険

一般的に「子ども保険」というと学資保険を思い浮かべる人もいるかもしれません。

積み立てと医療保障に関することは、別ページ⇒【学資保険は必要なのか? | 選び方とそのリスクについて】をご覧ください。

ここでは、主に賠償補償に関する保険について考えてみます。

以前より、友達に怪我をさせてしまったりしたときの保険は考えていました。

ですから、安い掛け金で、そういった保険がないか探していました。

目を付けていたのが、CO・OP共済《たすけあい》のジュニア18コースで、個人賠償責任保険を付ければ月に120円で、1億円の補償が付けられます。

ですが、今回、入園前説明会で幼稚園から『幼稚園児総合補償制度(こども総合保険)』の案内がされました。

引受保険会社はエース損害保険で、家族全員の賠償保障以外にも、育英費用補償、傷害補償などがあり充実していました。

実は、まったく期待せずに中身を確認して見たのですが、一番良いプランでも、年間保険料が10,000円なので、月に直すと1,000円もしないので驚きでした。

今はコチラに加入の予定ですが、一つ気になる点が・・・

疾病補償付きのプランがあるのですが、喘息の診断がされている為、このプランに入れるかが不明です。

やはり病気保障については加入できませんでした。(2011年4月追記)

既往症がある子どもにはコープ共済が良かったです。(2011年5月追記)

幼稚園入園準備にかかった費用

  • 施設費
  • シューズ代
  • 妻の洋服代
  • 子ども保険




合計 約49,300円

  • 施設費
    20,000円
  • シューズ代
    1,300円
  • 妻の洋服代
    約20,000円
  • 子ども保険
    8,000円

前回(入園準備費用)の『願書代・入園手続料・入園料(入園納付金)制服代・教材』約115,300円と合わせると、合計 約164,600円になります。


【関連ページ】

教育費・子育てにかかる費用 | お金はいくらかかるのか?

教育費に備える必要はあるのか? | 教育資金の積み立て方法


当サイトでは、管理人が実際に支払った料金や費用について、考察しご紹介していますが、それ以外に、お金について節約方法収入アップについて分かりやすくご説明しております。



menu   費用  |   料金  |   金額  |   相場  |   節約  |   割引  |   比較  |   収入  |