家の売却費用・手数料

不動産売却にかかった費用について

ついに持ち家を売ることができました。

売却価格は280万円でした。

希望は350万円だったのですが、7年前に450万円で購入した家だったので、売れただけ良かったとも思っています。

売ることができた家の条件は

  • 築38年の木造一戸建てテラスハウス
  • 床面積約60平米(1階2階の面積の合計)
  • 再建築不可物件
  • 私道あり
  • 駅(JR)まで徒歩5分
  • 10年前に風呂と床(フローリング)リフォーム

といった感じです。

はじめは、売るのではなく、リフォームをして賃貸物件として所有し続けることも考えていました。

ですが、かなり築年数が経っているので、修繕し続ける手間を考えると、あっさり売ってしまう方がストレスを感じなくていいと思い、今回の売却に至りました。

主な費用は「仲介手数料」と「登記関係費用」

今回一番掛かった費用は何と言っても「仲介手数料」です。

仲介の不動産業者を間に挟まなければ、必要ないお金なのですが、親や兄弟でもない限り、信用してもらうことは難しいので、やっぱり必要な経費になってきます。

私の今回のケースでは、13万2千円に消費税で、13万8600かかりました。

また、司法書士の手続きの代理や書類作成などの「登記関係費用」は、5万3千円でした。

内訳は

  • 名義人表示変更登記 ・・・ 1万5千円
  • 売り渡し手続き ・・・ 2万円
  • 閲覧その他調査 ・・・ 5500円
  • 日当・交通費・郵送料 ・・・ 1万500円

※上記の内訳は「報酬額」と「登録免許税」、「印紙税等」の合計

7年前に家を購入した時のまま、登記住所が更に前の住所になっていた為、「名義人表示変更登記」の費用がかかったようです。

もし、これを読んでいる人が家の売却を考えているなら、不動産業者に相談に行く前に、売りたい家の登記住所が、今の住民票の住所と同じかチェックしておきましょう。

自分で近くの地方法務局や出張所で登記の変更の手続きをすれば、費用の節約ができます。

家の売却にかかった費用

  • 仲介手数料
  • 登記関係費用
  • 収入印紙代




合計 19万3600円

  • 仲介手数料
    138,600円(消費税込み)
  • 登記関係費用
    53,000円(消費税込み)
  • 収入印紙代
    2,000円(契約書用印紙)

売却相談前に掃除機で掃除をしたりしていたことと、買主さんが希望されなかったので「ハウスクリーニング」の必要がありませんでした。

家の中全体のハウスクリーニングには10万円以上かかるかと思っていたので、助かりました。


関連ページ

⇒ 引っ越し費用
新しい家に引っ越すのにかかった費用について

⇒ 不用品の廃棄処分費用
家の売却前に不用品を業者に処分してもらいました




menu   費用  |   料金  |   金額  |   相場  |   節約  |   割引  |   比較  |   収入  |