副業

副業をはじめる6つの条件

やみくもに何か商売をしたり、知人が良いというからという理由だけで副業を始めても、初めは上手くいかないモノです。

しっかり計画を立て、成功する見込みがあるのか調べたり、準備してから行動を起こすことが大切です。

そして、いざ見つかれば、迷うことなく進まなくてはいけません。

では、具体的にどういった条件のことを始めればいいのか?

順番に見ていきますと、

@好きなことを副業にする
人からお金をいただくには【何かを解決した時】や【何かモノやサービスを与えた時】です。
「好きなことや趣味を仕事にしても上手くいかない」と、言われることもありますが、それは好きなことにのめり込み過ぎて、上に書いた【お金を頂くこと】がどういったことかを忘れているからなのです。
好きなことは、モチベーションも高く保てて、苦しい時も乗り越えることができるはずです。
A在庫や設備投資が少なくする
在庫を多く持つと、その仕入れにかかる費用だけでなく、管理場所代や管理の為の人件費などを見込まなければいけません。
設備投資は、機械類だけでなく、事務所費や細かい備品など、事業を始める体裁は整っても、収益が出ないうちは負債になります。
はじめにコストをかけないことで、早くに利益を出すことができます。
B低リスクで始められる
最初に始めた副業が必ず上手くいくとは限りません。
万が一、大失敗という結果に終わっても、またすぐ次の事業が始められるくらいリスクが低いものから始めるべきです。
固定費を少なくして、借金をしないようにしましょう。
C一人で始められる
いきなり人を雇ったりすると、人件費が大きく負担になります。
また、家族や身内に頼る癖がつくことも良くありません。
まずは自分の力で始めてみましょう。
最初は大変ですが、経理や簿記、税金などの知識がどんどん身についてきます。
D事業の拡大が見込める
社会情勢や、市場をみて、その分野の規模の拡大が見込めたり、普遍的なものを選ぶようにしましょう。
また、事業が順調に進んだ場合、アウトソーシングやアルバイトの雇用などで、事業規模の拡大ができるかどうかも重要なポイントになります。
E本業と両立させる
副業の場合は、あくまでも副業なので、本業に悪影響が出ない範囲で行うべきです。
必然的に「空いた時間にできること」や「自宅または自宅近くでできるもの」に限られてきます。

管理人の選択

今でこそ、ホームページを作り広告から収入を得ていますが、これを選ぶのに様々な試行錯誤を行い、時間をかけてきました。

(参照 : ホームページで稼ぐには! | お金を殖やす・収入アップ

上の6つの条件に当てはめて考えてみますと、

@私はホームページを作ったり、お金を稼いだり節約をしたりすることが好きです。

A主な経費はパソコン購入費とプロバイダー代、ドメイン使用料だけです。

B失敗しても、大した金額ではありません。

C一人でやってます。

D市場の拡大が見込める分野ですが、事業拡大は行ってません。

E家で空いた時間にできるのですが、プライベートな時間は犠牲にしています。

と、これからの課題は、自分の手でなくてもいい仕事を、どれだけ外部に委託したり、人に頼めるかだと思っています。



menu   費用  |   料金  |   金額  |   相場  |   節約  |   割引  |   比較  |   収入  |