国債

普通預金にするなら国債がお得

長寿社会となった日本では老後を考えて、銀行や郵便局に蓄えをしている人は多いです。

中には銀行や郵便局が信用できないので「タンス預金」をしているという人もいるようですが・・・

「タンス預金」ではもちろん利子は尽きませんし、銀行などに預けても、今の日本では”すずめの涙”ほどの利子しか付きません。

そこで、どうせ5年10年お金を寝かしているのであれば、国債がお得になります。

通常、普通預金に預けられたお金の多くは、国債を買うのに使われています。

金融機関は、その差額で儲けている面もあるのです。

絶対使うこと無いお金なら、銀行に儲けさせてあげなくても、国債を買って国から利子を直接貰った方がお得なのです。

100万円預けた場合、その差は年間1万円以上になります。

銀行だけでなく証券会社、郵便局、農林系金融機関など多くの金融機関で取り扱っているので、購入のしやすさも国債の魅力の一つです。

個人向け国債の購入方法はこちらをご覧ください。

5年10年は長すぎるという人はネット銀行の定期預金がお勧めです。

国債のリスク

国債のリスクは大きなものとして以下の3点が挙げられます。

@金利上昇

A物価価格の上昇(インフレ)

Bデフォルト

国債は5年または10年といった長い期間満期を迎えることがないので、社会情勢などの影響で「金利」や「物価価格」が上昇した場合、預けていることが相対的に損になることがあります。

もし金利が4%や5%になった場合、現状では国債の利率の方が低いので、満期の期日まで利率の低い運用が続くことになります。

また物価の価格が大幅に上がった場合、モノに対してお金の価値が目減りするので、土地や金などの金融商品を現物で持っていた方が賢い選択になります。

ただ土地や金などの金融商品には、元本割れのリスクもありますので、価値を見極めれるかどうかが重要です。

デフォルトに関しては、そうなる前にインフレが起こるなどの混乱が予想されます。

これらを踏まえた上で、これからのお金の利用時期や、国際情勢、経済状況を考え選ぶ必要があります。

もし1年や3年の満期で国債と同じ元本保証を考えるなら、定期預金をお勧めします。

詳しくは「最新!定期預金 金利情報」をご覧ください。


- 関連ページ -

元本保証で高金利を探せ!
まとまったお金がある人は、安全性が高く、高金利な金融商品は魅力的です。
低リスクの中で、条件の良い運用方法を探してみました。

元本保証に潜むリスク
元本保証でお金を運用しても安心はできません。
その決断の裏にはリスクが伴うケースがあることを知っておきましょう。



menu   費用  |   料金  |   金額  |   相場  |   節約  |   割引  |   比較  |   収入  |