ETC取り付け

ETCを利用するには

ETCを車に導入するには、

車載器の購入⇒ セットアップ⇒ ETCカードを作る⇒ 車に取り付ける

以上のことが必要になります。

車載器には「アンテナ分離型」「アンテナ一体型」の2種類があり、前者の方が価格が高いですが、車載器を目立たなくしたいなら分離型がお勧めです。

セットアップ料金は多くは3,150円(税込)ですが、助成制度などのキャンペーン期間中の時はこれより安い料金設定をしているところも見かけます。

次にETCカードですが、クレジットカードを既にお持ちでしたら、そこに申し込めば、多くの場合取り扱っていますので、すぐに発行してくれます。

カードで特典を得ようと思ったり、節約しようと思えば、「年会費無料」や「ポイントがたまる」、「ガソリン割引などの特典がある」カードを作るのも手です。

取り付け料金はいくらかかるのか?

ディーラーやオートバックス、イエローハットなどのカーショップなどで車載器を買えば、「セットアップ」や「取り付けの料金」が割安になることもあります。

ですが、インターネットなどで購入して、持ち込みをして取り付けだけの場合、工賃などの料金が高くなることもあります。

車が輸入車か国産車か、車載器の種類によっても変わってきますが、取り付けにかかる費用は4,000〜7,000円くらいが多いです。

近いうちに車検などがある場合は、車検の見積もりの時に、ETC車載器の取り付けを頼むと安くしてくれる場合もあります。

また、一番の節約方法として、自分で取り付けることもできます。

車載器をお得に買う方法については、このページの下の方で紹介しています。

ただし、取り付けに関しては自己責任でお願いします。


キャンペーンを利用する

ETC利用の普及のためや、カード利用者の獲得のために、台数や期間限定のキャンペーンがある時があります。

高速道路会社やクレジットカード会社が行っているもので、5千〜1万円程度の割引やキャッシュバックがあることが多いです。

こうしたキャンペーンは、高速道路会社のHP(ホームページ)で探すか、SA(サービスエリア)などのインフォメーションに尋ねてみましょう。


ネットでETC車載器を購入する

自分で車載器を取り付ける方法は、ネットで調べることができます。

では、車載機本体はどこで購入するのか?

間違いがないのは、カーショップで自分の車種と希望に合ったものを、教えてもらうことですが、安く買いたい場合はネットが一番です。

ネットショップの中でも、特にお勧めなのは楽天です。

楽天では、ETC車載器の「最安値」「売れ筋ランキング」「満足度ランキング」を見ることができます。

⇒ 【楽天市場】 ETC(自動料金収受システム) カー用品はコチラ

メーカー別検索もできます。

メーカー検索は【三菱電機 / 三菱重工 / Panasonic(パナソニック) / DENSO(デンソー) / CALSONIC(カルソニック) / Carrozzeria(カロッツェリア)】別に調べることができます。


ご覧になっている方は、ご自身の判断と責任でご利用いただきますようお願いいたします。


menu   費用  |   料金  |   金額  |   相場  |   節約  |   割引  |   比較  |   収入  |