人間ドック

人間ドックっていくらかかるのか?

「人間ドックは費用が高い!」というイメージの人は多いでのはないでしょうか?

なぜ、一般的にそう思われているのか?

その理由の一つとして、人間ドックは健康保険が使えない「自由診療」になることが挙げられます。

反対に、病気や怪我で病院に行くと、多くの場合、治療は「保険診療」になるので、自己負担になるお金は、実際にかかった費用の何割かで済みます。

人間ドックの場合、全てが自己負担になってしまうので、お金がかかると思われがちですが、実は1件1件個別の病院に行くよりも、まとめて検査をする分安かったり、健康保健組合から補助がある場合もあるので、少しは負担が軽くなるようになっています。

具体的な料金は、検査内容や日数などによって変わってきますが、考え方としては

コース + オプション検査 + 食費・宿泊費(コースに含まれる場合も)

になります。

また、最近ではコースの種類が多く、またオプション検査も多種多様になっています。

どのコースにも法定健診(健康診査)が含まれることが多く、コースの例と料金の相場としては


基本的なコース(日帰り)・・・3〜6万円

基本的なコース(1泊2日)・・・4〜12万円

内容例:問診、血液検査、尿検査、胸部X線、心電図、身体測定など

何を調べるのか ⇒ 高血圧症、糖尿病、胆石症など


レディースドックコース(婦人科検診)・・・3〜9万円

内容例:視触診、マンモグラフィー、乳房MRI、子宮細胞診察(頸部、体部)など

何を調べるのか ⇒ 子宮頸部がん、子宮体部がん、乳がんなど


脳ドックコース・・・5〜10万円

内容例:頭部MRI 、頭・頸部MRAなど

何を調べるのか ⇒ 脳梗塞、脳出血、脳動脈瘤など


がん検診コース・・・3〜8円

内容例:MRI、CT、ヘルパーT細胞分類検査、サイトカイン検査、胃内視鏡など

何を調べるのか ⇒ 胃がん、肺がん、大腸癌など


PET検診コース・・・15〜35万円

内容例:PET(陽電子放射線断層撮影)など

何を調べるのか ⇒ 大腸がん、膵がん、肺がん、頭頚部がん、乳がんなど


※年齢や性別などによって、どのコースを選ぶか変わってきます。
※同じコース名でも内容や料金は全く違う場合もあります。
※コースや検査の内容は、病院の設定によって違ってきます。

補助金はもらえるのか?

費用の補助が出るのか、出ないのかは大きな差です。

自分がもらえるかどうかは、加入の健康保険組合または各自治体の国民健康保険の窓口で問い合わせるとわかります。


ご覧になっている方は、ご自身の判断と責任でご利用いただきますようお願いいたします。


menu   費用  |   料金  |   金額  |   相場  |   節約  |   割引  |   比較  |   収入  |