タイミングベルト交換

タイミングベルトの換え時は?

タイミングベルトの交換時期は、車種や年式、走行距離、走り方などで変わってきます。

一番わかりやすい目安は走行距離ですが、これは10万キロ当たりを考える人が多いようですが、あくまでも目安程度に考えておいた方が良いでしょう。

といいますのも、このタイミングベルトが走行中に切れてしまうと、その部品だけでなく、他の部品やエンジン自体にも損傷を与え修理の金額が膨らむからです。

ですから、できれば早め早めの対応が、結果的にかかる費用を抑えることになります。

私の経験では、6〜8万キロ走った頃に、車検や定期点検などがあれば、ついでに状態を確認してもらい、換える必要があれば換えてしまう方が安心できます。


ネット上の情報からグラフを作りました。
サンプル数も少ないので、あくまでも参考程度にお考えください。

タイミングベルト交換時期の目安『距離』

      タイミングベルト交換時期

※車種や年式、メンテナンス状況によって『距離』だけでなく、使用年数も考慮し判断しましょう。

必要な料金や費用は?

車を点検や修理に出すめんどくささだけでなく、費用の点からも交換に二の足を踏んでいる人も多いと思います。

実際、1か所でも部品に不具合が出始めると、他の場所も同様に劣化が進んでいる場合がほとんどなので、車自体を買い替える人も多いと思います。

ですが、事前にチェックして、早めの交換をしておけば、買い替えまで時間を延ばすことも可能です。

その為にも、具体的に費用を知っておいた方が安心です。

タイミングベルト交換に必要な費用は「タイミングベルト + 交換技術料(工賃)」だけでなく、その周りに部品も交換しておいた方が良い場合もあります。

タイミングベルト自体は3〜4千円ほどですが、その工賃が1万2千円〜2万4千円くらいです。

タイミングベルトテンショナーや、ウォーターポンプなどが、その他の交換対象ですが、これら含めても4〜8万円に収まりますので、一緒に換えておくことが望ましいです。

他に何を換えていいのか分からない場合は、修理・交換をお願いした先に聞いてみたほうがいいです。

また、その依頼先を民間の整備工場かディーラーかで迷われるかもしれませんが、エンジンに関することなので、ディーラーにお願いする方が安心できます。

もしオートバックスやイエローハットに依頼する場合は、株主優待券がオークションで売っていますので、買って使えば少しは安くすることもできます。

オートバックス ≪株主優待券≫

イエローハット ≪株主優待券≫


ついで交換で安心

エンジンオイルやオイルエレメントは当然としてLLCやブレーキオイルや、ファンベルト、燃料ポンプ、オルタネーター、燃料フィルターなんかもチェックしておけば安心。

あとはホース類、ラジエーターホースやブレーキホースも寿命があります。

修理や交換の時は、出費が痛いですが、車の買い替えのことを考えると、実は安くついていたりするものです。



ご覧になっている方は、ご自身の判断と責任でご利用いただきますようお願いいたします。


menu   費用  |   料金  |   金額  |   相場  |   節約  |   割引  |   比較  |   収入  |