タイヤ交換

タイヤ交換の方法を比較する

一般的にタイヤを交換するには、馴染みのお店を選ぶ人が多いのではないでしょうか?

ガソリンスタンドや、カーディーラー、タイヤ専門店、オートバックスなどのカーショップ、他にも様々なところがタイヤを取り扱っています。

最近ではネット通販で買うこともできるので、それを自分で取り付けたり、カーショップなどに持ち込む人も増えてきました。

以前は、商品を買って取り付けだけ頼むという「持ち込み」は嫌われていましたが、今ではハッキリと「持ち込みOK!」とホームページに書いてあるお店も見られるようになりました。

ネットで購入しても、タイヤの取り付け店の紹介までしてくれるショップもあります。


一例:【AUTOWAY(オートウェイ)】 ・・・ 自動車タイヤ、スタッドレスタイヤの激安販売店
(楽天市場店もあります:オートウェイ楽天市場店


自分で交換した場合、古くなったタイヤの処分に困るのですが、取り付けを依頼すると有料ですが廃タイヤの処分までしてくれることもあるので助かります。

そして、プロに付けてもらえるという安心もあります。

また、出張交換(取り付け)をしているところもあるので、近くにそういったお店があるか調べてみるのも良いでしょう。


《 タイヤ交換どこでしてますか? 円グラフ 》

タイヤ交換データ 円グラフ

ガソリンスタンド / カーショップ / ディーラー / 自動車整備工場 / ホームセンター

※管理人個人調べによるデータ



タイヤ交換に必要な費用は?

費用を具体的にみると

新品タイヤの値段 + 交換工賃 + バランス工賃 + 廃タイヤ廃棄料

これに税金がプラスされます。

タイヤ以外にかかる取り外しや、取り付けの工賃は、タイヤの廃棄料金を合わせても、1本当たり1,500〜2,000円くらいです。

安いところでは1,000円くらいのところもありますが、やはり一番かかるのが「タイヤの値段」です。

これはメーカーとグレード・サイズ(インチ)によって、大きく変わってきます。

ブリヂストンやダンロップ、ヨコハマといったメーカーは、価格も高いです。

ですが、その分、車の乗り心地も違ってきます。

多くの場合、ガソリンスタンドやオートバックス、イエローハットなどのお店で、同じ商品を比較することで相場がわかってきます。

オートバックスやイエローハットの株主優待券はオークションで売っていますので、買って使うこともできます。

株主優待券をオークションで買う

また、値切ることが苦手な人は、洗車やオイル交換などのサービス又は無料券など、付けてもらうと良いかもしれません。


購入時の注意点

タイヤはゴム製品です。

保管状況などのもよりますが、時間と共に劣化をすることが知られています。

太陽の下や、雨ざらしなどで保管されているものは以ての外ですし、古い製造日のものを掴まされないように気をつけましょう。

製造年などはタイヤの側面に小さく書いてあります。


ご覧になっている方は、ご自身の判断と責任でご利用いただきますようお願いいたします。


menu   費用  |   料金  |   金額  |   相場  |   節約  |   割引  |   比較  |   収入  |