車のメンテナンス・整備

車のメンテナンス・整備にはいくらかかるのか?

車を所有していると、維持や整備にお金がかかります。

法的には自賠責保険と車検は義務付けられていますし、長く乗ろうと思えば、それ以外にも費用はかさみます。

タクシーなど車を使って仕事をしている場合、メンテナンスをしっかりしているので、大きな故障もなく10年以上使い続けることが多いことで知られています。

反対にエンジンオイルの交換などを怠っていると、様々な箇所に悪影響を及ぼし、車の部品を痛め、車の寿命を縮める結果になり易いです。

簡単に済まそうと思えば、ディーラーや、信頼できる自動車整備工場やカーショップで「法定点検」や「定期点検」を受けて整備をお願いすると安心です。

整備や点検をしてもらうと修理が必要になるケースもあります。

たとえば、

カーエアコン:クリーンフィルターの交換や清掃の場合は、5,000円以内で済みますが、修理となると費用が多くかかります。 (⇒カーエアコンの修理にかかる費用

ブレーキ:ブレーキをかけると「キーキー」や「ギーギー」などの異音がしたり、効きが悪くなると、早めの修理が必要です。 (⇒ブレーキパッド交換の費用

エンジンオイル:最も交換頻度が多いものの一つです。エンジンを車の心臓に例えるなら、オイルは血液だと言われるくらい重要なものです。 (⇒オイル交換の費用

タイミングベルト:走行中に切れると修理費用が大きく膨らみます。ある程度長く乗る人は早めの交換がお勧めです。 (⇒タイミングベルト交換の料金

タイヤ:タイヤ交換の際は必ず廃タイヤが出てきます。その処分の方法や費用も含めて考えておきましょう。 (⇒タイヤ交換の料金

などがあります。

この他にも、ATFオイル(オートマオイル)や、ワイパーゴム、バッテリーETCなど交換や取り付けがあります。

簡単な修理や交換などは、車検時に同時にお願いすることで、工賃が安くなる場合もありますので、確認しておきましょう。

下回り塗装と洗浄

海の近くに駐車場があったり、雪が降る地域で道路の凍結防止剤が撒かれている地域の場合、自動車の下回りの洗浄や塗装を行うことで、車をダメージから守ることができます。

費用は軽自動車で4,000〜6,000円、小型・中型自動車で4,000〜8,000円くらいで見られますので、年に1〜2回しておくだけも安心して車に乗り続けることができます。

オイル交換をしないでいるとどうなるか・・・

これは私の弟の話です。

もう既に10万キロ以上走行している車を譲り受けたらしく、それをしばらく乗り続けていました。

なにも改造してもいないのに、爆音を響かせ、エンジンルームから「カタコト、カタコト」音がしていました。

さすがに危ないのではないかと思い、カーショップでみてもらうように勧めましたが、

「以前にみてもらったが、エンジン内部のオイルつまりが酷くエンジンの交換しなくてはいけないと言われ、そのまま乗り続けている」

との返答。

よくよく話を聞いてみると、以前の持ち主の時から、エンジンオイルの交換を怠っていたようで、修理に多額の費用がかかるのを見越して、弟に譲ったのでしょうか?

当然ですが、その車は、その後すぐ廃車になりました。

たかがオイルだけど、交換しないと大変なことになるというものを見せてもらいました。

エンジンオイルに限らず、メンテナンスの重要性を学ばせてもらった一件でした。


ご覧になっている方は、ご自身の判断と責任でご利用いただきますようお願いいたします。


menu   費用  |   料金  |   金額  |   相場  |   節約  |   割引  |   比較  |   収入  |