犬の手術

犬の手術にはいくらかかるのか?

犬も人間と同じように、大きなケガや病気をします。

私の親や、兄弟が飼っている犬も、誤飲や吐血、歯肉炎などで動物病院のお世話になっているようです。

幸い命にかかわることにはなっていませんが、毛玉など消化が出来ない小さな誤飲を繰り返すことで、食欲不振になり一度手術をしています。

このような必要に迫られた手術ではなく、先を見越した避妊の手術を考えている人も多いのではないでしょうか?

避妊の手術についてはこちら

先々のことを考えての手術は、時間に余裕があるので、費用の面や病院選びに時間をかけている余裕があります。

ですが、緊急の手術、例えば交通事故などでの骨折、内蔵の損傷・破裂、病気では子宮蓄膿症、胃捻転などの場合、時間の猶予がないことも考えられます。

そうした時の為にも、「信頼できる動物病院」と、「手術の費用」については日頃から考えておく必要があります。

特に大きな手術の場合、手術にかかる費用はもちろん、入院にもお金が大きくかかります。

多くの人は「お金には置き換えることがない命だから」と気にされないかもしれませんが、保険に入っておくなど前もった備えがあれば安心です。

具体的な費用を見ていきますと

入院料(1日) 3,000〜8,000円 ⇒犬の入院費用についてはこちら

 ⇒犬の大きさや病院によって異なる。高いところでは1日1万円以上のところも。

手術料 数万〜数十万円

 ⇒手術の内容や使用器具、検査方法などによって、同じ怪我や病気でも変ってきます。

通院費(1回) 2,000〜5,000円

 ⇒診察料以外にも、注射代や検査料、薬代がかかる場合も。

予想しているよりも高額になる場合もありますので、明細書などを事前に見せてもらうなど、納得できる形で進めていくことをおすすめします。

ペット保険は必要か?

ペット保険が必要かどうかは、想像力を働かせることで答えは自ずと出てきます。

「もし自分の愛犬の病気や怪我を治すのに、数十万円かかる」

といった事態を考えてみてください。

何も考えずに出せる金額だという人は、保険は必要ないでしょう。

ですが、そんなお金は出せないけど、どうしても愛犬の命を助けたいという人には検討する価値が十分あるはずです。


ご覧になっている方は、ご自身の判断と責任でご利用いただきますようお願いいたします。


menu   費用  |   料金  |   金額  |   相場  |   節約  |   割引  |   比較  |   収入  |