一人暮らし

一人暮らしにかかる費用を節約しよう!

一人暮らしにかかるお金は、大きく分けて2つに分けることができます。

まず一つ目は、

@ 引っ越しや家電・家具の購入などの初期にかかる費用

二つ目は

A 光熱費や食費など生活を続けるにあたって必要な費用

です。

初期にかかる費用

はじめに、@の「一人暮らしの初期にかかる費用」から見ていきます。

ここをできるだけ抑えることができるかで、一人暮らしを始める気分も変わってきます。

ですから、できるだけお金をかけずに、また失敗の無いようにしたいものです。

最初の内から、いろんな出費がありますが、初めてのことが多いので全てが上手くいくことはありませんし、全てを上手くやろうとすれば、どこかで大きな失敗を引き起こしてしまいます。

ですから、金額が大きいものを中心に絞って、費用を節約できるように考えていきます。

この中で出費額が大きな割合を占めるものは、

 ・家電    ・家具    ・引っ越し    ・敷金・礼金

の4つです。            【引っ越しのページ】  【敷金礼金のページ

まずは「家電」

イオンやヨーカドーなど大手スーパーや、ヤマダ電機などの家電ショップで、一人暮らしの人用に家電セットを売っています。

はじめは、その中でも一番最低限のセットで十分間に合う場合が多いです。

高機能商品や、要るか要らないか分からない家電は、実際に使わないものですし、要ることがわかってから買っても問題ありません。

一番の無駄遣いは、要らないものを買ってしまうことです。

次に「家具」

これから暮らす部屋の広さや、配置に合わせて購入することはもちろん大切なことですが、それ以上に、モノを持たないようにすることが重要になってきます。

持ち物が多いと、それを収納するために新しく家具を買ったりする必要もありますし、居住空間が狭くなって、引っ越しをすれば、モノがあるせいで出費がどんどんかさんでしまいます。

今は100均や、ニトリなどで安くて高品質なものが手に入るので、店を選んで賢く利用しましょう。

生活を続けるのに必要な費用

生活をしている中で毎日使っているお金は、大きな出費かどうか、計算してみないと分からないものです。

そのなかで特に大きなものは

 ・光熱費    ・食費    ・家賃

 【光熱費のページ】 【食費のページ】 【家賃のページ

の3つです。

光熱費はよほど無駄遣いをしていない限り、極端には変わってくることはありませんが、食費は自炊をするかどうかで大きく変わってきます。

毎食外食をしたり、コンビニ弁当を買ったりしていると、1日1,000円では足りません。

ですが、全部自炊をすれば、1,000円かかることはありません。

この差が仮に毎日500円ある場合は、年間18万円以上も違ってくることになります。


関連ページ ⇒携帯電話料金の節約のページ


ご覧になっている方は、ご自身の判断と責任でご利用いただきますようお願いいたします。


menu   費用  |   料金  |   金額  |   相場  |   節約  |   割引  |   比較  |   収入  |