地鎮祭

地鎮祭はお金はかかるのか?

最近でも地鎮祭は、様々なところで見かけることがあります。

例えば、新規分譲が多い新興住宅地や、街の中では高層マンションなどの予定地、テレビでは公共工事など、更には墓地でも行っている所を見かけたことがあります。

ですが、一般的にかかわることが多いのは、個人で家を建てるときではないでしょうか?

地鎮祭と聞いてまず思い出すのが、笹竹や縄、クワ、祭壇、お酒などですが、これらは誰が用意するのか?また費用の負担はどうなるのか?気になるところです。

そして一番気になるのが地鎮祭で渡す初穂料です。

準備にかかるものについては、住宅を建てることをお願いした「ハウスメーカー」や「建築会社」に『誰が用意するのか?』『何を用意するのか?』事前に聞いてみましょう。

初穂料はいくらか?

初穂料(玉串料)は神様(神主さん)へ渡す「お供え」・「奉納」のような意味合いのものですので、全国的に金額や相場が決まっているわけではありません。

ですが、地域によってはある程度の相場はあります。

一般的には1〜5万円と言われていますが、以下の方法で確認することもできます。

・依頼した「ハウスメーカー」や「建築業者」の担当者に聞いてみる

・神主さんに直接たずねる

・近所や親せきの人に聞いてみる

また、神社によっては料金表のように決めてあるところもあります。

地域によっては、初穂料以外に、御車代などを用意するところもあるようですが、反対に個人の住宅を建てる際に神主さんを呼ばないところもあります。

神式以外の地鎮祭

仏式の地鎮祭は「起工式」といいます。

神道に縁がない方で、仏教で行いたい方は、菩提寺の住職さんにご相談されてみてはいかがでしょうか。

ただし、仏式の場合でも「お布施」が必要になります。


ご覧になっている方は、ご自身の判断と責任でご利用いただきますようお願いいたします。


menu   費用  |   料金  |   金額  |   相場  |   節約  |   割引  |   比較  |   収入  |