入院

入院にかかる費用

ケガや病気などで病院に入院する場合、いくらお金がかかるのか?入院保険や医療保険など1日いくらになるようにしておけば安心なのか?気になるところです。

考え方としては、入院や手術にかかる医療費の内どれくらいが自己負担になるのかを知ることがポイントです。

一般的には健康保健を利用して治療を行いますので、この健康保険の対象の治療の場合、窓口負担(一部負担金)は3割になります。

(※この窓口負担は基本は3割ですが、年齢や所得により異なります。)

つまり、100万円かかっても実際に払うお金は30万円です。

さらに、高額療養費制度を利用すると自己負担限度額以上のお金は戻ってきます。

この自己負担限度額は、年齢や所得、医療費の総額によって変わってきますが、一般区分の所得者の多くは8万円で、多くてもそれより数万円増える程度です。

(高所得者の自己負担限度額は、15万円+αです。)

問題は、健康保険の適用外の支出です。

例えば、

・差額ベッド代(室料差額)
・お見舞いの家族の交通費
・入院時の食事代
・先進医療費用(技術料)
・雑費(テレビ・雑誌・被服など)

などは、かかった分だけ自己負担することになります。

これらは入院の日数が多くなればなるほど、意外と出費がかさみます。

高額療養費の注意点

自己負担限度額以上のお金は戻ってくる高額療養費という制度にはいくつか注意点があります。

@保険適用外の支出は含まれない

A月をまたがった場合は合算されない

B医療機関をまたがった場合は合算されない

C同じ医療機関でも別計算になる場合もある

などが主な点です。

@については先に述べてきたとおり「差額ベッド代」や「保険が使えない自由診療」などの場合です。

(※保険が使えない自由診療の例・・・ガンの治療で国内で未承認の抗ガン剤を使用した場合)

Aについては、「入院するなら月初め」という言葉を昔に聞いたことがあったのですが、これが理由なのかな?と今では思っています。

と言いますのも、高額療養費を利用する際、1ヶ月単位で計算されるので、合算金額を大きくする方が戻ってくるお金が多くなるからです。

もし入院する日を選べたり、緊急性が無い病気なら、できるだけ月をまたがないようにした方がお得になります。


関連ページ⇒ 良い病院の選び方 | 大切な4つのチェックポイント
名医リストやランキングは信用できるのか?
また、安心して手術や入院をする為の病院・医者選び方から、その注意点について。


ご覧になっている方は、ご自身の判断と責任でご利用いただきますようお願いいたします。


menu   費用  |   料金  |   金額  |   相場  |   節約  |   割引  |   比較  |   収入  |