パスポート申請・取得

パスポートを申請する

日本国内に住んでいる人が、パスポートを取得するには、各都道府県にある旅券事務所(出張所)に行く必要があります。

パスポート画像

その際には以下の書類

@一般旅券発給申請書 1通

A戸籍謄(抄)本 1通

B住民票の写し 1通

C写真 1葉

D申請者本人に間違いないことを確認できる書類

@〜Dの書類全てを揃えなくてはいけません。

また、@については有効期限が5年のものと10年のものがあり、書類はパスポート申請窓口で入手できます。

ただし20歳未満の人は5年有効のパスポートしか申請することができません。

次にAとBについては申請する日より6か月以内に作成したものでなければいけません。

Cの写真については方法はいくつかあります。

・証明写真ボックスで撮る

・写真屋さんで撮ってもらう

・自分でデジカメで撮った写真を使う

などが考えられますが、規格に沿っていないと受け付けてくれませんので、特に赤ちゃん(乳幼児)の場合は写真屋さんで撮ってもらう方が安心です。

また、忙しくて時間が取れない人は、申請に限り代理人に依頼することも可能です。

必要な費用(手数料)

多くの場合、申請後約1週間でパスポートの受け取りができます。

その時必要な手数料が、都道府県の「収入証紙」と国の「収入印紙」の代金です。

額は旅券の種類によって異なり、

10年間有効な旅券(20歳以上)・・・合計16,000円

5年間有効な旅券(12歳以上)・・・合計11,000円

5年間有効な旅券(12歳未満)・・・合計6,000円

12歳未満の旅券の手数料は、かなり減額されているので、子供が12歳になってから海外旅行に行く場合、11歳の内にパスポートを取得しておいたほうがお得になるかもしれません。

また、パスポートは更新はできませんので切り替えになります。

その際も、上記手数料は同様に必要となります。

有効期限内に切り替えをした場合は、戸籍に変わりがなければ戸籍謄本が必要ないこと以外、新規の取得と費用は変わりません。


ご覧になっている方は、ご自身の判断と責任でご利用いただきますようお願いいたします。


menu   費用  |   料金  |   金額  |   相場  |   節約  |   割引  |   比較  |   収入  |