車検

車検はどこでするのが良いのか?

誰が(どこで)車検をしても法定費用は同じですので、最終的な出費は点検整備代や検査費用で変わってきます。

この法定費用は、「自動車重量税」「自賠責保険」「印紙代」の3つで、車種や排出ガス基準、燃費基準などによって違います。

一番お金をかけずに車検をしようと思えばユーザー車検になりますが、普段から車の整備をしている人でないと、今後乗り続けるのに安全性に問題が出てくることもあります。

多くの人は、車を買ったカーディーラか、オートバックスなどのカーショップ、ガソリンスタンドなど迷われると思います。


以下は、管理人個人調査データ 【車検を受けるなら、どこにしますか?】

車検データ

ディーラー、ガソリンスタンド、カーショップ、整備工場、ユーザー車検からの選択


それぞれの良い点、悪い点など比べてみました。

ディーラー

メリット:間違いのない整備が出来、リコールがあったら一緒に直してくれるなど安心感あり。

デメリット:料金が高い。純正のものを使うので部品代が高い、工賃も比較的高い。

車の知識がない人や、長く安心して乗り続けたい人向け。
車検を通すだけでなく、安心できる整備も考えている人はディーラーがお勧め。

オートバックス・イエローハットなどカーショップ大手

メリット:料金も比較的安く、一般的な点検整備は問題ない場合が多い。

デメリット:店によってメカニックの技術や経験に差がある場合も。

1回目の車検で走行距離が少ない場合など整備が少なそうな車、費用を節約したい人向け。

ガソリンスタンド

メリット:料金も比較的安く、普段から行き慣れているGSなら頼み易い。

デメリット:整備工場があるのか?下請け工場に出しているのか?車検代行だけなのか?確認が必要。

ディーラなどと比べ営業時間が長いので、時間の融通を優先する人向け。

民間車検場(指定工場)

メリット:費用はディラーより安い、良い民間車検場を見つけることができれば安心。

デメリット:技術は高いが、すべてのメーカーや車種に精通しているわけではない。

少しは車の知識があって、信頼できる所を知っている人向け。フランチャイズでは車検専門業者のホリデー車検などがある。

安心車検の比較できるサイト

「車検はどこに頼もうか?」と困った時に役立つサイトがコチラ

価格で選べる【Goo-net】の車検

全国5000店舗の中から、住んでいる近くの車検専門店から認定工場までを検索でき、比較することができます。

メーカーと車名を選択すると、車検費用の目安まで表示されますので安心です。


ディラーで安くしてもらうには?

安心・安全を考えるならやはりディーラーが一番です。

安くできるなら頼みたい人も多いはずです。

そこで一つ試してみたいのが、ディーラー同士の相見積もりです。

例えば、同じトヨタでもお住まいの近くに何店舗かあるはずです。

あまりしつこい値引き交渉はお勧めしませんが、軽い感じで、

「こっちのトヨタさんの見積りも見たくなった」

くらいで比較して見るのも有りだと思います。


ご覧になっている方は、ご自身の判断と責任でご利用いただきますようお願いいたします。



menu   費用  |   料金  |   金額  |   相場  |   節約  |   割引  |   比較  |   収入  |