太陽光発電費用

太陽光発電費用を安くするには

太陽光発電のシステムを導入する際の費用を考える場合、2つの考え方があります。

それは

@導入・設置にかかる費用を安くする
A初期費用に必要なお金と売電収入のバランスを考える

といった2つの考え方です。


@導入・設置にかかる費用を安くする

まず@の導入や設置にかかる費用を安くするには

  • 補助金や助成金制度をしっかりと利用すること
  • 見積り比較サイトなどで価格を比較する

といった方法が考えられます。

補助金や助成金制度については国や県、市町村などから合わせてもらうことも可能なので、自分の住んでいる自治体の情報はキッチリ確認しておきましょう。

また、太陽光発電の販売・施工業者が太陽光発電システム設置だけでなく、補助金申請までの一連の手続きをすべて請け負ってくれるケースもあるので、できればそういった業者に依頼するのが良いでしょう。

そして、太陽光発電のシステムは設置してしまえばそこで終了ではなく、20〜30年といった長い年月の間正常に稼働しなくてはいけません。

ですから、メンテナンスやアフターサービス・保証に力を入れている業者に依頼することで、その後にかかる費用を安く抑えることができます。

お勧めの一括見積もりサイトは「太陽光発電の相場」のページで紹介していますので、ご参照ください。

A初期費用に必要なお金と売電収入のバランスを考える

太陽光発電システムの初期費用は、おおよそ160万円から300万円かかります。

いくら安くしようと考えても、一定額の出費は覚悟しなくてはいけません。

しかし、ここで見方を変えて長期的な視点で考えてみると、自家発電による電気代の節約と、余った電気を電力会社に売電することで得られる収入もトータルでみていく必要があります。

ですから、初期のコストをどれだけの期間で回収できるのかが大きなポイントになってきます。

発電効率や助成金、売電の買い取り価格にも左右されますが、現在、一般的な家庭で約10年で元が取れるとされています。

太陽光発電システムの期待寿命や保証期間、維持費の負担なども含めて考えることが、トータルで必要になる費用を安くする為のポイントになります。

まとめ 〜太陽光発電費用を安くするには〜

太陽光発電のシステムを導入する際の費用を考える場合、上記の2点をきっちりと検討することが“太陽光発電費用を安くすること”に繋がります。

つまり、初期導入時の見積りだけでなく、設置後にかかるお金や収入について、具体的な数字を示して説明してくれる業者をえらぶことが大切です。



ご覧になっている方は、ご自身の判断と責任でご利用いただきますようお願いいたします。


menu   費用  |   料金  |   金額  |   相場  |   節約  |   割引  |   比較  |   収入  |