敷金礼金

敷金と礼金の違い

まずは「礼金」から。

これは、言葉の通り、お礼のお金です。

入居する前に、お礼ってなんか変な気がしますが、慣習的なもので、大家さんに「これからお世話になります」という意味合いのようなお金です。

ですから、一度払ったら返ってくることはありません。

次に「敷金」

これは、保証金や担保金といった性質のもので、家賃を滞納した場合の際の保証の意味や、退去時に修繕箇所がある場合に充てられるお金です。

ですから、滞納することなくきっちりと家賃を払って、部屋を汚したり破損させることがなければ、戻ってくる可能性のあるお金です。

最近では、この「敷金」「礼金」ともに0(ゼロ)円という賃貸物件も珍しくなくなりました。

入居の際にまとまったお金がなくてもいい、このゼロゼロの賃貸契約は、別のリスクがある場合もありますので、注意が必要です。

敷金礼金ゼロについて

入居にかかる費用を抑えることができることで、最近人気なのが敷金礼金ゼロ円の賃貸物件です。

一見お得かと思えるゼロゼロ物件も、貸し手側からしてみれば、そんな気前がいいことができるわけもありません。

どこかで帳尻を合わせるように、工夫しているものです。

たとえば、

・家賃を周りの相場より高く設定している ⇒家賃のページ

・名目が違うだけで「初期費用」などがかかる

・家賃の滞納などがあった場合、違約金を請求される場合も

・例えば2年間など、賃貸期間を決めて契約をする必要がある

ただし、契約時に契約書をしっかり確認をして、納得のできるものであれば検討しても良いかもしれません。

それでも不安な人は、礼金はゼロ円で、敷金は必要な物件の方が安心できると思います。


相場はどれくらいか?

家賃に対して、「敷金は○ヶ月分、礼金は○ヶ月分」と決められていることが一般的です。

この○ヶ月分は地方によってまったく異なってくるので、一概には言えませんが、東京など首都圏では礼金があるところが多く、1〜2か月程度が普通です。

反対に関西では、この礼金がないところもありますが、敷金の一部をあらかじめ返さないという「敷引き」という方法がとられています。

両方合わせて1〜4ヶ月分が必要な場合が多いです。



ご覧になっている方は、ご自身の判断と責任でご利用いただきますようお願いいたします。


menu   費用  |   料金  |   金額  |   相場  |   節約  |   割引  |   比較  |   収入  |