家賃

家賃の相場の決まり方

家や部屋を借りる場合、需要と供給の関係で価格が決まります。

例えば

・電車など公共交通機関の沿線

・「賃貸マンション」か、「一戸建て」・「アパート」なのか

・間取り

・築年数

・オートロック

・方角

・駅までの距離

・市区町村(環境・利便性)

などで相場が決まってきます。

家賃を交渉してみる!

意外に知られていないのが、家賃も交渉できるということです。

ただ値切るのでなく、自分がどれだけ長くその部屋や物件を借りるかを伝えて、交渉をするのです。

貸主はできるだけ、誰も借りない期間というものを無くすように考えます。

つまり、安定して長く借りてくれる人は、上客になるというわけです。

築年数が古かったり、交通の便が悪い物件はより交渉がし易くなります。

目安としては、家賃の5〜10%になります。

また、家賃はどうしても下げてくれない場合は、

@敷金・礼金を下げてもらう ⇒敷金礼金のページ

Aリフォームまたはトイレやエアコンを付け替えてもらう

といった方法もあります。

ただし、築年数が浅かったり、人気物件の場合は、交渉しても全く相手にされないのでご注意ください。

家賃は収入の3割以下に抑える

単身か家族がいるかで、少しは変わってきますが、家賃は毎月固定で支出しますので、出来るだけ低く抑えることが大切です。

車を持っている場合は、駐車場も必要になるので、駐車代と共益費なども含めて考える必要があります。

反対に住宅手当など、住まいに関する手当がある人は、その分余裕が出てきます。

特に、賃貸をやめてマンションや一戸建ての家を購入する予定の人は、頭金を貯めるためにも家賃は低くしておくことが安心です。



ご覧になっている方は、ご自身の判断と責任でご利用いただきますようお願いいたします。


menu   費用  |   料金  |   金額  |   相場  |   節約  |   割引  |   比較  |   収入  |