飛行機:幼児・子供料金

飛行機の幼児・こども料金

飛行機の運賃は国内線と国際線で年齢の区分が違ってきます。

国内線の場合

ANAJALのHPによると、小児運賃は年齢で分けて

・おとな … 12歳以上
・小児(こども) … 満3〜12歳未満
・幼児 … 3歳未満

と区分されています。

満3歳未満のこどもは、大人に同伴され、座席を使用しない場合は、同伴者1名につき1名が無料になります。

国際線の場合

ANAJALのHPによると、小児運賃は年齢で分けて

・おとな … 12歳以上
・小児(こども) … 満2〜12歳未満
・幼児 … 2歳未満

と区分されています。

座席を使用しない幼児(2歳未満)の場合、大人運賃から大幅割引となり、座席を利用する場合は小児運賃が適用されます。


電車とは違い、小学生・中学生といった区分でなく満年齢で決められています。

私の場合

ご参考に

1歳子連れ沖縄旅行 … ツアー代金も含め全て無料(区分:幼児)
1歳子連れハワイ旅行 … ツアー大人代金の約25%(区分:幼児)
2歳子連れ沖縄旅行 … ツアー代金も含め全て無料(区分:幼児)
2歳子連れ北海道旅行 … ツアー代金も含め全て無料(区分:幼児)
3歳子連れハワイ旅行 … ツアー大人代金の約50%(区分:子ども)
4歳子連れハワイ旅行 … ツアー大人代金の約50%(区分:子ども)

といった具合です。

海外旅行の場合、これとは別途、現地空港諸税等子どものパスポートの取得費用がかかりました。

まとめ
飛行機の幼児運賃は、国内線か国際線かで違ってきます。
国内線は3歳未満、国際線は2歳未満まで無料または幼児運賃。

ただし以下の場合は小児運賃が必要な場合もあります。

  • 「おとな」1人に対して「幼児」2人以上の場合
  • 座席を利用する場合
  • 幼児の単独行動の場合
※ご自身のケースが分かりにくい場合は、直接お電話で問い合わせることをお勧めします。

航空会社株主優待券をオークションで買う

割引率(片道50%割引)が非常に高いのが特徴、上手く使えればお得です。

お得に旅行をする

子ども・幼児に関するページ



menu   費用  |   料金  |   金額  |   相場  |   節約  |   割引  |   比較  |   収入  |