JR:幼児・こども料金

JRの幼児・こども料金

JR東日本のHPによると、乗車券などの運賃・料金は年齢で分けて

・おとな … 12歳以上
・こども … 6〜12歳未満
・幼児 … 1〜6歳未満
・乳児 … 1歳未満

と区分されています

ここで注意するのは、6歳でも小学校に入学前は「幼児」で、12歳でも小学生の場合は「こども」に区分されることです。

「こども」の料金は基本的に「おとな」の運賃・料金の半額です。
(寝台券など一部例外あり)

通常、「おとな」が乗車券を買い「幼児・乳児」を連れている場合は、「おとな」1人につき、「幼児・乳児」は2名まで無料です。

私が迷ったのは「幼児」や「乳児」を連れて特急や新幹線に乗る時です。

子供は3歳くらいになると、一人で座ることもできますので、席に座ってしまえば大人一人分の場所を取ってしまいます。

ですから「幼児・乳児」の場合、特急料金や指定席の料金について要るのかもしれないと思い、調べてみました。

JRのHP【きっぷに関するご案内】によると・・・

自由席に座る場合は無料ですが、指定席の場合は「こども」扱いになるようです。

つまり、幼児や乳児の場合でも、指定席に座らせる時は【「こども」の運賃と特急料金】を支払って乗ることになります。

まとめ
JRの乗車券などの運賃は、未就学児の場合は、基本的に無料。
ただし、以下の場合は「こども料金」がかかるので注意が必要です。
  • 「おとな」1人に対して3人以上の場合
  • 指定席を利用する場合
  • 幼児の単独行動の場合
※ご自身のケースが分かりにくい場合は、直接お電話で問い合わせることをお勧めします。

JR株主優待券をオークションで買う

割引率(2割引や5割引)、利用可能区間、往復または片道、運賃(乗車券)と料金(特急券、グリーン券、指定席券)の適用範囲など確認したうえで、自分にあった優待券が見つかると、非常にお得です。

お得に旅行をする

子ども・幼児に関するページ



menu   費用  |   料金  |   金額  |   相場  |   節約  |   割引  |   比較  |   収入  |