ハワイ旅行

ハワイ旅行に強いのはJTB

いきなり結論からになりますが、やはりハワイはJTBです。

「そんなの知ってるよ」と言う人は、少し読み飛ばして下の方をご覧ください、2番目にお勧めの旅行会社を紹介しています。

それでは、まずその理由についてからです。

料金が安いという理由ではありませんので、価格重視の人はやはりこちらのエイビーロードで検索・比較することをお勧めします。

それでは具体的に、JTBをおススメするのは何故か?についてお話します。

  • 価格が意外と高くない
    JTBのハワイツアーは内容やサービスが良いので、他の旅行会社よりかなり高いと思われている人も多いのではないでしょうか?
    私も初めは、そう思っていました。
    ですが、他の旅行会社は一見安いように見えますが、旅行に必要なサービスや条件をトータルで見てみると、JTBは意外とお得な旅行会社だということに気づきます。
    私の勝手な予想ですが、JTBは旅行客の取扱数が多い分、一人ひとりにかかる料金を抑えることが出来ているのではないでしょうか。
  • 空港からホテルまでの移動がスムーズ
    ホノルル空港に着いたあと、直ぐにスーツケースなどの手荷物を預かって、ホテルの部屋まで運んでくれます。
    そして、専用のバスでアラモアナ(以前はアロハタワー)まで行き、そこからチェックインまで自由行動をするか、チェックインの時間が来ている人は、JTB専用のトロリーでホテルに向かうこともできます。
  • ベビーカーの無料貸し出しがある
    幼児連れで旅行に行く人には、とても助かるサービスです。
    これ以外にも、携帯電話のレンタル(通話料は有料)や、相談事にも対応してくれます。
  • JTB専用のトロリー:’OLI’OLIトロリーが無料
    ホノルルでの移動に便利なのがトロリーです。
    トロリーは何種類かホノルルを中心に走っていますが、JTBのオリオリトロリーは本数やルートが多くあり、JTBで旅行する人だけ無料で利用ができます。
  • 航空会社へのリクエストを代行してくれます
    飛行機内で特別なサービスを受ける場合は、事前に航空会社へリクエストする必要があります。
    例えば、小さな子供がいる場合の『チャイルドミール』などです。
    インターネットで予約をした場合は、予約完了後にメールでJTBに問い合わせておくと、航空会社へ連絡をしてくれます。
  • 現在ありません 2010年修正 ‘OLI‘OLIエンジョイクーポンが付いてくる!
    JTBの通常のパックツアーでは2枚もらえるこのクーポン。
    食事のほかに、指定のオプショナルツアーやクジラを見るクルージングなど7つのアクティビティーから選べます。
    通常より安く設定されているツアーには0〜1枚の場合もあるのでご注意を。
  • ツアーデスクが主要箇所にあって相談・休憩が無料
    ツアーデスク、サポートデスクがあるので安心。
    私が見たJTBのスタッフは、日本人や日系人ばかりでした。
    小さな子供連れや、お年寄りと一緒に旅行する場合でも、病気などいざというとき言葉の心配なく相談できるので安心です。
  • 日本発着便の飛行機は「並び席」を用意してくれます。(追加代金なし)
    長い時間知らない人に挟まれての飛行機は、かなりの苦痛です。
    特にゴールデンウイークやお正月、夏休みなどは並び席の確保に苦労します。
    ハワイ旅行はフライト時間が長いので、私には必要条件です。

下の画像から、JTBのハワイのページに移動できます。

私の場合、ネットで見積もりを見たあと、近くの窓口にも行きましたが、何故か窓口の見積もりの方が一人当たり3,000円程高かったです。(2009年のハワイ旅行

旅行プランにもよるかもしれませんが、同じ内容のものでもネットで申し込む方が安くなる場合もあるということです。

⇒ ハワイに行くなら断然ルックJTB!


JTB以外のツアーで料金設定が安い場合に注意しておくこと

  • ホノルル空港までの直行便か(韓国経由は安いが、時間がかかる)
  • 燃油サーチャージャーが含まれているか
  • ホテルの立地、眺望は希望通りか
  • トロリーの乗車は有料か無料か
  • 飛行機の搭乗時間や到着時間が、極端に深夜や早朝になってないか
  • ホノルル空港からホテルまでの移動は、行き帰りとも付いているか
  • 病気や災害などの緊急時に、24時間日本語対応の窓口があるか

JTB以外のお勧め旅行社はないの?

JTB以外でハワイに力を入れている旅行会社は何社かありますが、特に頑張っているのがHISです。

JTBと同じように専用のトロリー(Lea Lea:レアレアトロリー)を走らせたりするなど、力の入れようがうかがえます。

 ⇒ H.I.S. ハワイ旅行




JTBをおススメできない理由

今まで書いてきたことと正反対のタイトルになっていますが・・・

JTBは至れり尽くせりな半面、合わない人もいることも確かです。

たとえば、オプショナルツアーや食事クーポンなど、日本人の慣習に合わせてチップ料金を含むようにしていることが多いです。

そして時間通りにスケジュールも進めてくれて、トラブルにあわないようにしてくれます。

ですから、人に道を聞いたり、ザ・バスなどの公共交通機関も使う機会が無くなります。

その結果、ハワイの人とのコミュニケーションや文化・慣習に触れる機会が少なくなることになります。

また、移動やホテルなど日本人と一緒の割合が多く、それが安心できることにつながりますが、それを好まない人もいるはずです。

サポート体制は十分なのですが、それを頼る人も多く、受付窓口が非常に込み合う時間帯があります。

特に早朝から昼ごろまでは、日本からの到着便も重なるので、オプショナルツアーの申し込み窓口が20〜30分待ちになることもありました。


menu   費用  |   料金  |   金額  |   相場  |   節約  |   割引  |   比較  |   収入  |