宝くじ

宝くじの当選確率を分かりやすく考える

宝くじの当選確率を考えて買ったことある人はいるでしょうか?

私も今までいくら買ってきたか判りませんが、具体的にどれくらいの確率で当たるかなんて考えたことがありませんでした。

と、言いますか、たぶん考えていたら買うことができなかったのだと思います。

自分の経験を踏まえて、そう考えると、宝くじを買っている人は、具体的に確率的なことを考えている人は少ないと思います。

年末ジャンボ宝くじでは、ざっくり計算すると1等の当選確率は1000万分の1だとされています。

1等を1億円と仮定した場合、300円が1億円になる確率が1000万分の1です。

桁が大きすぎて実感がないので具体的に考えてみたいと思います。

年末ジャンボ宝くじだけを毎年100枚(3万円分)ずつ買い続けた場合、何年後に1回1等が当たるか?といいますと。

1000万÷100ですので10万年かかることになります。

つまり、毎年100枚しか買わない人は、今当たろうと思えば10万年前から買っていて、ようやく当たる頃なのです。

10万年前って言われても、理解しにくいですが、地球上の歴史でいう石器時代のようです。

確実に当てるには毎年何枚買えばいいのか?

では、反対に考えて、20歳の人が死ぬまでに1回1等が当たるように確率を計算した場合、毎年何枚宝くじを買えばいいのか?

これも確立の話になりますが、死ぬまでに50年間同じ額を買い続けると仮定すると、1000万÷50ですので20万枚になります。

毎年20万枚ということは、金額にして6000万円!?

でも、1等以外すべて外れるわけではないので、毎年6000万円かかるわけではないですが・・・

確率(運)を上げることは出来るのか?

ここまで「宝くじは当たんないよ〜」的なことを書いてきましたが、それでも夢は見たいものです。

そして、出来れば現実のものになって欲しいとも思います。

そこで少しでも確率を上げれないか?考えてみました。

やはり1番簡単に確率を上げるには、売り場選びだと思います。

確率的にいえば、どこで買おうが同じです。

ですが、現実、当たっている人と当たってない人が存在します。

そこから導き出される私の考えは、上手くいっている人の真似をするということです。

実際に宝くじ売場によって、当選くじの出る確率は違っています。

同じ買うなら、その流れに乗って確率を上げない手はあり得ません。

私のように宝くじに夢が見れなくなってしまった人は、このサイト内の≪お金を殖やす方法一覧≫を参考にしてみてください。



menu   費用  |   料金  |   金額  |   相場  |   節約  |   割引  |   比較  |   収入  |