金券ショップ

得する!金券ショップの活用方法

みなさんは金券ショップを日頃から活用していますか?

私は映画館の前売り券を買ったり、電車の乗車券を買ったりしてきましたが、イマイチ得した気にはなっていませんでした。

1,000円の出費が800円になったりしてたので、割合でいえば2割引きになります。
その時は節約できた気分になりますが、額にして200円です。

ホントについでがあって、または家の近くに金券ショップがあるのなら、この200円は節約できる価値があります。

ですが、そうでない場合、金券ショップにまで行く手間や時間がかかり、得したことにはならないのかも?と考えるようになってきました。

自分の買い物予定を立てる

では、どうすれば金券ショップを活用し得を出来るのか?

私が考えた方法は、自分自身の買い物の特徴を把握し、予定を立てるということです。

具体的に考えますと、私は近所にある中堅スーパーで月に1万円は必ず買い物をします。

ここの商品券は金券ショップで必ず5%以上ディスカウントされて売られています。

月500円ですので、これを年間トータルで考えると6,000円になります。

この年間のトータルの額が、金券ショップで買う手間や時間に見合うかを検討することで明確に、活用すべきかどうかを判断できます。

チェックすべき金券・株主優待

ポイントとしては

@手に入り易いか?
A割引率は高いか?
B使う予定があるか?

「全国百貨店共通券」や「クオカード」・「図書カード」などの場合、手に入り易く使い勝手が良いですがディスカウント率は1〜2%程度ですので、金券ショップで買うには手間と時間に合わないことがわかります。

これらを踏まえて、自分自身に合った金券・商品券・株主優待券を探してみてください。

以下を参考にしてみてください。

  • 利用予定がある飲食店の金券・株主優待
    【例】マルシェ・デニーズ・サイゼリア
  • 利用予定がある中堅スーパーの金券・株主優待
    【例】イズミヤ・関西スーパー・オオゼキ
  • 利用予定がある交通機関の金券・株主優待
    【例】ANA・JAL・JR(新幹線)


menu   費用  |   料金  |   金額  |   相場  |   節約  |   割引  |   比較  |   収入  |